今の20代は自分の洗濯機を持っていない?

現代の1人暮らしをしている20代の間では、自分の部屋に洗濯機をわざわざ置かないという人が多いようです。

洗濯機の他にも、固定電話や、掃除機などの家電を不要と考えている若者も多いですが、本来必要と思われる家電を、どうして必要ないと考える人が現代には多いのでしょうか。

20代1人暮らしが洗濯機を置かない理由は?

洗濯機を買うお金を節約する為

1人暮らしをすることが決まった場合、用意すべき物は家電を含めて色々ありますが、洗濯機を新たに買うかどうかを悩む人は多いです。

実家にいらない洗濯機があったり、友人・知人から譲り受ける場合には、洗濯機を購入するお金がかからずに済みますが、新しく用意するとなると、安い買い物ではありません。

出費を抑える為にも、必要な家電の中から洗濯機を削る人が多いです。

洗濯機の音や振動による隣人トラブルが心配

アパートや賃貸マンションに住んでいる場合、洗濯機の利用時にはやはり隣人に対する配慮が必要です。

早朝や夜中の洗濯機は利用しにくく、昼間でもあまりにうるさい場合は苦情が来てしまうこともあります。

今はとても静かな洗濯機も販売されていますが、普通に洗濯機を使用していても、洗濯音や、振動音は隣の部屋にまで聞こえている可能性はあります。

ベランダに洗濯機が設置されている場合には、更に隣の住人に音や振動が伝わりやすく、それを不快に思われる可能性もあるので注意が必要です。

洗濯機がなくても服を洗うことができる

洗濯機を使用して自分で洗濯する以外にも、コインランドリーや、宅配クリーニングなど、現代では利用できるサービスがたくさんあります。

中には、洗濯物が少ないので自分の着た物は全て手洗いで済ませているという人もいます。

洗濯機を置くスペースがない

部屋自体が狭くて、洗濯機を置いておくスペースが無い、もしくは漏水防止の為に洗濯機の下に設置する「防水パン」が洗濯機より小さくて置けない、などの理由で、洗濯機の設置を諦める人も中にはいます。

引っ越しをする前に、引っ越し先の防水パンの大きさや、洗濯機の置き場所があるかどうかを確認しておくことも大切です。

洗濯機を持たないことによるメリットは?

  • 入居時の設置の手間が省ける
  • 場所をとらない
  • 退去時の処分を考える必要が無い
  • 洗濯機の音を気にしなくて済む
  • 洗濯機に関する隣人とのトラブルを避けられる

洗濯機を持たない場合の注意点は?

  • 必要な時にその場で洗濯ができない
  • コインランドリーなどに持ち込む手間がかかる
  • 近場でクリーニングできるお店を探しておく必要がある

洗濯機を使用する以外にどんなクリーニング方法がある?

コインランドリーを利用する

コインランドリーの良い点は、大き目の洗濯機でまとめて服が洗濯できるところです。

少し多めでも一回で洗濯できる為、小まめにコインランドリーには通わず、洗濯物がだいぶ溜まった頃に、まとめて持ち込む人が多いです。

どちらかというと、小分けにして洗濯したり、色落ち、色移りを気にかける女性よりは、男性の方がコインランドリーの利用者は多いです。

値段はお店によって様々ですが、お金を入れるだけで洗濯が始まり、お店に持って行った後は、その場で雑誌を読んだり、近場で時間を潰しているだけで済むため、コインランドリーを好んで利用している人は少なくありません。

宅配クリーニングを利用する

宅配クリーニングは、ネットで申し込みをすると、洗濯したいものを取りに来て、クリーニングにかけた後自宅まで持ってきて貰えるサービスです。

コインランドリーのように、自分で洗濯物を運ぶ手間がなく、家から出ずに洗濯ができるのがポイントです。

また、季節の変わり目に布団を洗濯したいと思っても、コインランドリーまで運ぶのは大変ですし、手洗いをするのも難しいかと思います。

そんな時にオススメなのが宅配クリーニングサービスの利用です。

自分の空いた時間で利用することができるので、忙しくてもお店に行くことなくクリーニングを済ますことができます。

手洗いをする

1人暮らしをしている人の中には、何も利用せずに自分の手で全て洗濯する人もいます。

決して楽な作業では無いですが、1人暮らしで洗濯物が少ない場合には、手洗いだけで済ませることは可能です。

水道代や光熱費代の節約にはなるので、お金をとるか、自分で全て手洗いする労力をとるか、難しいところになります。

自分に合った洗濯方法を見つけよう!

洗濯機を使用する方法以外にも、衣服を綺麗にする方法は色々あります。

自分のライフスタイルや、洗濯をしている時間はあるかどうか、洗濯にかけられるお金はどのくらいか、などを考慮して、自分に一番合った洗濯方法を見つけてください。